旧生野銀山職員宿舎(甲社宅)・志村喬記念館

明治元年(1868年)、生野鉱山が我が国初の官営鉱山となり、政府はフランス人鉱山技師を招聘するなど近代化を進め、町内には外国人たちが暮らす洋館のほかに、日本人用の官舎も造られました。明治29年(1896年)には当時所管であった宮内省から三菱合資会社に払い下げられ、以来三菱の鉱山として栄えてきました。
朝来市旧生野鉱山職員宿舎には4棟の建屋、甲7.8.9.19号棟があります。
甲7号、8号、9号の3棟は官営鉱山であった頃の明治9年(1876年)に官舎として、19号棟は明治29年に三菱の社宅として建てられた、生野に現存する職員住宅のなかでも最も古く日本近代の生活様式を残す貴重な遺構です。

INFORMATION

営業時間
9:00~17:00
定休日
毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
12/28~1/3
駐車場
あり
〒679-3301  兵庫県朝来市生野町口銀谷687-1
TEL:079-670-5005
FAX:079-670-5005
E-mail:kousyataku@asago-net.jp
WebSite:http://asago-net.jp/users/kousyataku/

MAP