口銀谷銀山町ミュージアムセンター(旧浅田邸)

本館の旧浅田邸は、昭和7年(1932年)建築で浅田貞次郎の三男養蔵の旧邸で、別館は、井筒屋の六代目当主・吉川増太郎の隠居部屋として明治中期に建築されました。
浅田貞次郎(1871~1942)は、 銀山周り11 町村の戸長に就任し、その後兵庫県議会議員、衆議院議員などを務め、「産業の発展は利便に始まる」との交通観から、明治28 年(1895 年)に姫路飾磨港から生野間の播但鉄道敷設を実現したほか、同年に生野銀行を設立し初代頭取となるなど、生野町の発展に貢献されました。
本館の浅田邸は、木造2階建ての風格あるデザインで、緩やかな弧を描く入母屋屋根、玄関屋根に付けられた懸魚、玄関の式台、三角屋根のスクラッチタイル外壁の洋館など、生野に残る民家としては珍しい様式が施されています。
また、別館の旧吉川邸は、明治中期に郷宿井筒屋6代当主・吉川増太郎の隠居部屋として建てられ、袖壁、つし2階や箱階段などが特徴的な作りとなっています。

INFORMATION

営業時間
9:00~17:00
定休日
毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
12/28~1/3
駐車場
あり
〒679-3301  兵庫県朝来市生野町口銀谷619-2
TEL:079-670-5006
FAX:079-670-5006

MAP